京つう

  アート/芸術  |  海外

新規登録ログインヘルプ


学生時代から人物画に魅了され 私のライフワークになった世界を紹介します。 クロッキーと彩画を並行して描き続けてますので、 モノクロの線描の美しさと彩画(パステル、水彩、油彩,他)の奥深さと醍醐味を感じて頂ければ幸いです。

2017年11月02日

チャイナドレスとシャンハイパイプ煙草


京都ゴンドラソフトパステルとレンブラントソフトパステル混合
ミューズコットンパステル紙
55x 39 cm
2016
Taipei


この記事へのコメント
パステルでこれだけ迫力と深みがある絵が描けるんですね!てっきり油絵だと思ってました。
憂いを帯びた表情でこの女性が見つめているのは何なのか想像してしまいます。
きっと、遠く過ぎ去りし日々のはかない恋の思い出なんでしょう・・・
EUJI
Posted by guildguild at 2017年11月11日 22:47
有難うございます。
私は以前油絵からパステルに変更しており、油絵と同じ効果が出せるものとして選択してます。
重ね描きが5層位出来きて、ストローク描写(パステルステックの横腹で、描き太筆描きに近い効果を出せる。)が可能です。
Posted by ArtyujiArtyuji at 2017年11月27日 18:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。